神鷹丸 第3次航海        東京海洋大学  海洋科学部

02月24日(金)
02月23日(木)
02月22日(水)
02月21日(火)
02月20日(月)
02月19日(日)
02月18日(土)
02月17日(金)
02月16日(木)
02月15日(水)
02月14日(火)
02月13日(月)
02月12日(日)
02月11日(土)
02月10日(金)
02月09日(木)
02月08日(水)
02月07日(火)
02月06日(月)
02月03日(金)
02月01日(水)
01月31日(火)
01月30日(月)
01月29日(日)
01月28日(土)
01月27日(金)
01月26日(木)
01月25日(水)
01月24日(火)
01月23日(月)


[最新の10件]


神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告  1月30日(月)マリアナ海溝チャレンジャー海淵5日目
1月29日早朝に離脱装置で錘を切り離し、深海から3時間弱かけて浮上した、3つのランダーを順次回収しました。

一部ランダーで魚類の捕獲ができ、学生達も深海の不思議な魚に興味深く、直接研究者に聞いているようです。

1月30日も早朝から海底からの切離しを行い、10000mからランダーを回収しました。水圧のためかカメラへの浸水があり、減圧した後、水抜きを行いました。

午後から最後のランダー(江戸っ子)を回収して、許可日での観測作業を終了します。これより経済水域から離れて、公海上でのCTD観測及び採水を行う予定でしたが、明日の天候の悪化を懸念して、本日遅くに観測予定を変更して実施する方向で、調査員の先生方と観測点について相談しています。

天候は晴れていますが、東北東の風強く、うねりも徐々に大きくなっています。

本日も学生達は天文航法を行い、位置の算出に追われています。太陽はまぶしく、学生達の元気な顔は、日々日焼けしていっています.


位置 11−36.19N、142−14.88E
天候:晴れ 風:東北東 8.0m/s 針路:VAR 速力:0.5ノット
気圧 1009.8hPa 波高:2.6m 気温:28.7℃ 水温:28.6℃
2017年1月30日(月)

copyright (c) 2005Umitaka