神鷹丸 第3次航海        東京海洋大学  海洋科学部

02月24日(金)
02月23日(木)
02月22日(水)
02月21日(火)
02月20日(月)
02月19日(日)
02月18日(土)
02月17日(金)
02月16日(木)
02月15日(水)
02月14日(火)
02月13日(月)
02月12日(日)
02月11日(土)
02月10日(金)
02月09日(木)
02月08日(水)
02月07日(火)
02月06日(月)
02月03日(金)
02月01日(水)
01月31日(火)
01月30日(月)
01月29日(日)
01月28日(土)
01月27日(金)
01月26日(木)
01月25日(水)
01月24日(火)
01月23日(月)


[最新の10件]


神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告  2月24日(金) 三菱重工業下関造船所1号岸壁着岸
 2月23日入国手続きが完了し、午後から検査品目や交換部品など造船所に入る準備を行いました。

 2月24日には、来週のセリに向けて、8時30分福岡魚市場からのトラックにてメバチマグロの水揚げを行いました。

 11時30分に造船所のドックマスターなどのスタッフが乗込み、11時35分に下関区一号突堤を離岸してシフト開始しました。12時01分に彦島の三菱重工業下関造船所1号岸壁に着岸しました。石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の白嶺(はくれい)の川上側に縦列駐車を行うように着岸しました。これより3月27日まで、2中検査工事及び一般工事、保証工事を行います。

 入渠は3月10日から19日を予定しており、学生は無線の国家試験受験のため、3月11日上陸予定です。学生達は、初めてのドック作業実習として、陸上の宿舎に入ります。組立中の船体において船舶構造や機材の品質や構造検査について実習を行います。

 また第2種中間検査の内容を船舶設備規定と照らし合わせ、実際の検査準備を行います。乗船漁業実習犬3月19日が下船式となるため、学生達は下関で下船となります。なお出港は3月27日昼頃、東京到着は3月30日9時の予定です。

位置 33-56.24N、130-55.45E
天候:晴れ 風:南東 0.6m/s 針路:速力:停泊中
気圧 1019.7hPa 波高:0.1m 気温:13.6℃ 水温:11.7℃
2017年2月24日(金)

神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告  2月23日(木) 関門港下関区入港
 2月23日宇部沖を8時14分に抜錨し、関門海峡航路に入り関門大橋を通過して、9時55分関門港下関区第一突堤13号に着岸しました。すぐに代理店・税関及び検疫の方々が乗船し、検査やシール開放を行いました。入国審査も無事終わり、11時20分外国往来船から非外国往来船に資格変更しました。

 全ての手続きが終了し、午後から深海調査に使用した機器類を4台のトラックに積降ろし作業、芥や残渣焼却処分作業を行います。明日は、8時にマグロの水揚げ(福岡魚市)を行い、11時45分に三菱重工業下関工場へのシフトを開始します。学生達も、日本についてほっとしていると思います。

 また明日からのドック実習に期待と緊張があるようです。この岸壁は保税区画のため、夜間ゲートは閉鎖となる為、上陸は明日以降となる予定です。

位置 33-56.63N、130-55.47E
天候:曇り 風:北西 5.1m/s 針路:速力:停泊中
気圧 1012.2hPa 波高:0.1m 気温:10.2℃ 水温:11.5℃
2017年2月23日(木)

神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告 2月22日(水)瀬戸内海周防灘
 2月21日瀬戸内海に入り、うねりの無い穏やかな海を航行し、伊予灘で、低速モードでの緊急停止後進試験の海上公試を行い、15時28分宇部沖に錨泊しました。南方から北上して来ると、日本の寒さが身に沁みます。船内の空調は、冷房から暖房に切り替わり、金属に触れたときの静電気で、空気が乾燥していると気が付きます。

 22日朝、起床連呼後、白い息で体操を行い、久々の甲板で、毎朝の日課が再開しました。学生達はやっと静かになった船内で、レポートの整理や居室の片付けを行っています。船内外の清掃を行い、漁労機器の取外し整備を行っています。明日の入港に備え、代理店経由で入港手続き準備を進めています。

 明日23日は8時に抜錨して、関門海峡航路に入り、10時に関門港下関区第一突堤(保税岸壁)に着岸予定です。着岸後は、税関や検疫、入国手続き・シール開放・資格変更を行い、午後から調査機器をトラックに降ろす作業を行う予定です。またドックでの打合せの一部も行います。


位置 33-54.10N、131-10.08E
天候:晴れ 風:東 11.5m/s 針路:速力:錨泊中
気圧 1021.1hPa 波高:0.8m 気温:08.3℃ 水温:9.1℃

2017年2月22日(水)

神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告 2月21日(火)瀬戸内海伊予灘
 2月20日低気圧の寒冷前線通過と高気圧の張出しの影響で、気圧配置は西高東低となり、南寄りの強風から、北西の強風に変わり、瞬間で20m/sを越える風が一晩吹き荒れました。

 2月21日、日が変わってからも、強風に船体は激しいピッチングを繰り返して船速は低下し、4時間余裕をもって7時通過と通報した瀬戸内海の入域時間は7時45分となりました。豊後水道から伊予灘に入るとうねりはなくなり、天候も高気圧の中に入って快晴となり、落ち着いた海況となっています。

 最後まで時化ましたが、学生達は長期の航海に慣れたためか、船酔いする学生もほとんどなく、通常の航海当直及び船内生活ができています。本日9時から保証工事での課題となっている低速モードでの緊急停止後進試験を行い、下関の手前、宇部沖の錨地に向かって航行しています。

 明日は、抜錨して、関門海峡航路に入り、10時に関門港下関区第一突堤12号に着岸予定です。着岸後は、税関や検疫、入国手続き・シール開放・資格変更を行い、午後からマリアナ海溝での調査機器をトラック数台に降ろす作業を行う予定です。

位置 33-44.99N、131-44.81E
天候:晴れ 風:北西 4.5m/s 針路:303 速力:8.8ノット
気圧 1028.7hPa 波高:0.5m 気温:06.9℃ 水温:10.4℃
2017年2月21日(火)

神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告 2月20日(月)種子島東方海域
 2月19日午後は静かになりました。毎日、日替わりで海況が変化しております。

 2月20日は朝から低気圧の影響で、南寄りの追い風13m/sで北上しています。黒潮海域ですがまだ潮には乗っていません。今夜、寒冷前線通過で北西の風に変わり、高気圧が張り出してくる予報となっており、向かい風になる前に少しでも北上できればと思っております。

 今朝は、追い風で船体の動揺もなく、船体外舷清掃として、本日は木甲板洗いとして、最上のコンパスデッキから順次下のデッキを行います。午後は天文航法と課業、機関当直を行います。また入港に向けて、書類の最終確認を行っています。今朝入域24時間前通報として海上保安部に連絡しました。既に代理店経由で、入国や税関、内航船への資格変更の手続きが始まっています。明日、早朝、豊後水道を北上して、瀬戸内海に入域し、伊予灘で保証工事項目の海上確認を行う予定です。


位置 29-59.37N、130-54.75E
天候:晴れ 風:南西 14.5m/s 針路:030 速力:11.0ノット
気圧 1012.1hPa 波高:5.3m 気温:21.8℃ 水温:20.8℃
2017年2月20日(月)

神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告 2月19日(日)大東諸島西方海域
 2月18日夜から静かだった海は、数時間で大きく変化して、時化の海と変わりました。低気圧からの前線通過に伴い、鹿児島・四国沖で北寄りの風が強く、うねりの影響がここ南方海域でもでているようです。

 2月19日朝方には、高気圧に入り、北西から北東の風となり強く吹いています。昼にかけて徐々に高気圧帯の中心に入り、気圧は上昇して、天気は晴れてきています。昨日の作業・課業は通常に行えましたが、きょう午前中の作業は、中止となりました。

 学生達は、日本の放送が受信できるようになり、日本語放送に見入っているようです。コンパスデッキでは、六分儀で太陽高度を測定しながら、天文航法実習を行っています。明日の予報から低気圧の東進に備え、奄美諸島寄りに針路を変更して、豊後水道を目指します。

位置 26-06.87N、129-35.07E
天候:晴れ 風:東北東 6.0m/s 針路:345 速力:11.0ノット
気圧 1021.0hPa 波高:4.8m 気温:18.8℃ 水温:22.0℃
2017年2月19日(日)

神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告 2月18日(土)
 沖大東島南東沖2月17日夜からうねりの方向も本船真横から後ろになり、風も5.4m/s以下の軟風(Gentle breeze)になってきました。船の速力は、10ノットに回復して、順調に航行しています。

 2月18日は、久々に太陽が水平線から昇るのを見ることができ、漁場からはじめて穏やかな海となりました。日本のEEZに入り、船舶電話のアンテナ表示が現れ圏内に入りました。まだ携帯やテレビは映りませんが、少しづつ日本に近づいていることがわかります。

 明日からの天候は、ナブテックスの気象情報では、鹿児島保安情報として、鹿児島・奄美・四国南方海域で35ノットの強風が吹く予報を受信しており、風よけするため沖縄向けに針路を変更して対応しています。天球は青空となり、学生達は激しい横揺れから解放され、のびのびと実習を行っています。甲板でも作業が再開でき、破れたシートなどの補修作業を行っています。明日も北上を続け、下関を目指します。

位置 22-06.69N、132-00.30E
天候:晴れ 風:北北東 6.3m/s 針路:320 速力:12.0ノット
気圧 1020.0hPa 波高:1.6m 気温:23.1℃ 水温:24.3℃
2017年2月18日(土)

神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告 2月17日(金)沖ノ鳥島南西沖
 2月16日夕方から徐々に天候は回復の方向に向かい、17日朝には風速10m/s以下、有義波高も4m以下となり、船体の揺れも小さくなって、ハンドレールを掴まなくても通路を歩けるようになりました。船速も6-7ノットから8-9ノットに回復し、ようやく寄港日程のめどが付きました。

 通常年、北緯20度くらいまでは、比較的、凪の穏やかな海況でしたが、今年は北緯4度から北東の風強く、3日の航海日程の余裕が1日となっています。昨夜は高気圧の張り出しで風が強かったのですが、現在は高気圧内に入り、海況はまだ悪いながらもよくなる方向で安定しています。

 天気図の48時間予報では低気圧から高気圧と繰り返し東進する期間を縫って北上する航行となり、本船の位置と低気圧の進行位置が気になるところです。海水が打込むこともなくなって、学生達は、久しぶりにデッキへ出て、点呼と体操を行い、身体を伸ばすことができました。厨房でも今日からあたたかいスープ類が出て、静かな海のありがたさを痛感しています。

 明日も天候回復を期待しながら北上を続け、豊後水道沖を目指して航行します。

位置 17-48.32N、134-01.30E
天候:曇り 風:北東 10.4m/s 針路:339 速力:8.7ノット
気圧 1013.0hPa 波高:3.6m 気温:26.9℃ 水温:26.0℃
2017年2月17日(金)

神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告  2月16日(木) フィリピン東方海域
 2月15日夜から朝にかけて、18m/sを越える風が吹き、左右に船体はローリングを繰り返しています。2月16日は朝から徐々に晴れてきましたが、相変わらず白波と大きなうねりの中にいます。風が船体を切る音や打ち上げた波が窓に当たりはじく音、船体がきしむ音などが静かなエンジン音の上に重なって聞こえています。

 定常高速モードで13ノット航行できる本船ですが、向かい風に昨夜は最大波高9m・有義波高6mのうねりが伴い、6ノットから7ノットで北上しています。前方の雲の切れ目からは青空がのぞき、少し気象が落ち着くことを願うばかりです。課業も自習となり、船橋ワッチでの実習を主体に行っています。本日は航海計器でジャイロコンパスの実技実習を行っています。

 学生達も甲板にも出ることもできず、居室で静かに勉強しています。時折の大きな横揺れで、怪我がしないよう個々に注意をしています。厨房では、スープものが全て作ることができず、朝ごはんの味噌汁も無しとなっています。食堂では、テーブルの転び止めの枠を設置して、皿や醤油などが滑り落ちないようにしています。余裕をもっていた入港日程でしたが、厳しい状況となっています。明日も天候回復を期待しながら北上を続け、沖ノ鳥島南西沖を目指して航行します。

位置 14-38.10N、135-23.87E
天候:晴れ 風:北東 15.0m/s 針路:359 速力:7.8ノット
気圧 1015.4hPa 波高:4.3m 気温:26.1℃ 水温:27.2℃
2017年2月16日(木)

神鷹丸乗船漁業実習検閉拘航海)航海報告 2月15日(水)パラオ北東海域
 2月14日海上は時化て船は大きく揺れ、居室のいろいろな物が、床上を左右に走っています。2月15日になり更に風が強まり、うねり等のため、エンジンの負荷は大きいものの、船速はFULLで走れなくなり、やむなく沖ノ鳥島経由の針路を変更して航行しています。高気圧の張り出しのためか、北東の風が強く、うねりを伴い、海上は大しけです。アンチローリングタンクはフル稼働していますが、船は左右に最大32度傾き、机のものが飛ばないよう、床に降ろして固縛したり、手で押さえたりしている状態です。

 海鷹丸新船時の遠洋航海も大しけで、旧神鷹丸のはじめての長期航海もマラッカ海峡から日本まで大しけだったと聞いています。ずっと時化が続くことはないことを願いつつも、遅れないように調整していきたいと思います。

 学生達は、出港時より、船酔いするものはいなくなり、頼もしくなった感じがします。食事の時も活気があり、残りの作業ができるよう、海況が静まるのを心待ちにしているようです。明日も北上を続け、少し西寄りの針路として、風の影響が小さくなるよう航行したいと思います。

位置 11-46.74N、136-21.78E
天候:雨 風:北東 16.0m/s 針路:339 速力:7.8ノット
気圧 1012.5hPa 波高:6.4m 気温:26.7℃ 水温:28.4℃
2017年2月15日(水)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka