Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  青鷹丸 9月10月11月航海        東京海洋大学  海洋科学部

12月01日(水)
11月30日(火)
11月29日(月)
11月27日(土)
11月26日(金)
11月25日(木)
11月24日(水)
11月19日(金)
11月18日(木)
11月16日(火)
10月26日(火)
10月25日(月)
10月17日(日)
10月16日(土)
10月15日(金)
10月14日(木)
10月13日(水)
10月12日(火)
09月16日(木)
09月15日(水)
09月14日(火)
09月13日(月)
09月12日(日)
09月11日(土)
09月10日(金)
09月09日(木)


[最新の10件]


館山湾から東京
12月1日6時に釣りによる漁獲調査を終了し、6時56分抜錨し、東京湾を北上しながら10点の観測点においてCTD観測を実施し、14時17分東京海洋大学品川キャンパス繋船場に帰港しました。
積み下ろし作業など、着岸時には多くの関係者の皆様にご協力いただきありがとうございます。



2010年12月1日(水)

網代から館山湾
網代漁港において、4時から定置網での漁獲の実際を見学させていただき、また丁寧なご説明をいただきありがとうございます。

多くの関係者に見送られながら8時に出港し、相模湾及び館山湾において海洋観測、15時45分には館山湾北部において水深約30mのところに錨泊し、海洋調査機器の設置及び釣りによる漁場調査を実施しました。
約100匹の漁獲がありました。

夜には10m/s以上の西風が一次吹きましたが、1時間後にはおさまりました。


2010年11月30日(火)

11月29日、三崎から相模湾へ そして網代漁港
11月29日昨日の強風も収まり、6時45分に三崎港を出港し、相模湾大島北部から相模湾中央部において海底付近までのCTD観測を行いました。
ワイヤーが一部キンクしたため切り取り補修を行いました。

14時15分には、今年できました新しい網代漁港岸壁に着岸しました。
入路が難しく、地元の方に誘導していただき、無事着岸できました。ほんとうに助かりました。感謝いたします。
15時から網代小学校の生徒の皆さん(35名)が来船し、船内見学会を行いました。

明日は、網代漁港を出港し、相模湾及び館山湾にて調査観測を行う予定です。


2010年11月29日(月)

三崎から相模湾
11月27日土曜日06時50分に三崎港花暮岸壁を出港し、相模湾での水深1000m以深の海域においてCTDのセンサー調整を行いました。
合計7回のCTD調整を行い、金田湾にて表層データ観測装置のキャリブレーションのための採水を行い、15時05分三崎港に入港着岸しました。

午前中は風も冷たく10m/s近く吹きましたが、午後から穏やかとなり順調に観測ができました。

先日船員待合所の婦人会の方から助言をいただき岸壁のビットに着岸することを表示し、釣りの人たちへの周知がスムーズにでき非常に助かりました。ご助言感謝いたします。

本日は観測支援センターの方々は下船し、本日から海洋物理・情報系のグループが乗船します。

明日は、三崎港を7時に出港し、大島東水路にて、水深2000m弱の海域3点のCTD観測の予定です。終了後の16時頃、大島元町港北岸に着岸予定です。

海域:相模湾
観測:CTD、表層採水他
乗船者:教員1名、観測支援センター5名(教員含む)乗組員13名
合計19名

2010年11月27日(土)

久里浜から三崎
11月26日金曜日6時30分までGPSの計測実験を行い、帝京科学大学の調査員3名を乗船し、7時22分に久里浜港をフェリーの後出港し、東京湾湾口他3点にて海洋観測を行いました。
海況は穏やかで順調に観測を終了し、12時50分三崎港花暮岸壁に着岸しました。
潮流計(航程計)の調整のため、1辺1マイルの正方形を左右に航走し、潮流計データを収集しました。

観測項目:CTD、ノルパックネット、ADCP他

乗船者:教員1名、海洋生物他学生9名、帝京科学大学3名、乗組員13名
    合計26名

明日は、7時に三崎港を出港し、水深1000m当たりでの相模湾にて、CTD酸素センサーの調整を行い、沿岸の表装データを収集後、三崎港に戻る予定です。

2010年11月26日(金)

品川から久里浜
東京海洋大学品川キャンパス繋船場を11月25日9時31分に出港し、東京湾北部にて2点の海洋観測を行い、14時56分横須賀(久里浜港)に入港着岸しました。
マルチコアサンプラーは調子が悪く、4回目でやっと泥採集ができました。

観測項目:CTD、ノルパックネット、マルチコアサンプラー、GPS

教員1名、海洋化学、海洋生物、海洋計測学生11名 乗組員13名
計25名



2010年11月25日(木)

航海準備
11月24日水曜日 9時から燃料を積込み、13時から機材の積込みを行いました。また乗船者への乗船諸注意、救命訓練を実施しました。
15時から今回の観測について最終打合せを行いました。

1日目 東京湾北部CTD、ノルパックネット、マルチコアサンプラー、GPS計測、着岸でのGPS計測
2日目 東京湾湾口、潮流計調整(生物海洋系化学系、海洋計測)
    *帝京科学大学3名乗船
3日目 相模湾CTD調整(観測支援センター)
4日目 大島東水路、CTD観測
5日目 相模湾にてCTD観測
6日目 館山湾にてCTD観測、錨泊し釣り漁業による漁獲調査
7日目 東京湾湾口から10点東京湾CTD観測

*今回5日目の11月29日月曜日には、初めて熱海市の網代港に寄港予定です。よろしくお願いいたします。

2010年11月24日(水)

ドック終了
11月19日ドックでの日程を終了し、帰港の途についた。
09時30分にISO研修の事務員の方々2名乗船し、注意事項や訓練を実施し、
10時28分新潟造船所三崎工場を出港し、14時55分東京海洋大学品川キャンパス繋船場に帰港しました。

2010年11月19日(金)

潮流計取替え確認試験
11月18日10時05分新潟造船所三崎工場を出港し、三崎港を相模湾に抜け、対地が取れなくなった約水深600mで東西南北各辺1マイル以上、正方形に航海し、潮流計の取付確認を行った。潮流が北流で船が北に流されたが、潮流計の表示は南向きとなっており、調整が必要となった。
また、船速5ノットで磁気コンパスコースで45度づつ右回りと左回りの各1周行い、自差測定を実施した。その後、船速度8ノット(現在の経済速力)での旋回性能試験を左右(15度と35度)で行った。
11月18日14時42分同造船所にとも付け着岸しました。
15時から賄い引越しを行い、明日の帰港に向け最終の清掃等を行った。

試験項目
 1.潮流計確認試験
 2.自差測定
 3.旋回性能試験

合格検査証書受領
厨房宿舎から船に移動
船内清掃

2010年11月18日(木)

ドック
効力試験
前日の社内試験にて非常時運転を確認、乗組員の再認識にも有効
2010年11月16日(火)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka