Content-type: text/html Error

Error

ファイルがオープンできません。

[管理用ログインページへ]
  青鷹丸 7月8月航海        東京海洋大学  海洋科学部

08月31日(火)
08月30日(月)
08月29日(日)
08月28日(土)
08月27日(金)
08月26日(木)
08月25日(水)
08月24日(火)
08月23日(月)
08月22日(日)
08月21日(土)
08月20日(金)
08月09日(月)
08月08日(日)
08月07日(土)
08月06日(金)
08月05日(木)
08月02日(月)
08月01日(日)
07月31日(土)
07月30日(金)
07月29日(木)
07月28日(水)
07月27日(火)
07月19日(月)
07月16日(金)
07月15日(木)
07月14日(水)
07月13日(火)
07月12日(月)


[最新の10件]


8月31日 明日防災の日、防災月刊
船災害防止協会からの防災ポスターを船内に添付
明日から安全旗を掲揚します。”安全第一”を願って

学内LAN整備(繋船場LAN接続端子)
 情報処理センターの方にも見ていただき復旧しましたが、またいつ接触不良になるか心配です。今年の暑さのせいでしょうか?


2010年8月31日(火)

8月30日
水中ポンプ作動試験良好
 ホース台を考慮、自動イカ釣り台を利用することに

CTDセンサー調整
 アルチメーター(表層で0m表示)、酸素センサー(水深200m以深で不具合)

船体手入れ
 船首甲板手入れ他


2010年8月30日(月)

8月定期調査航海(臨時) 8月29日日曜日
8月29日本日は日曜日であり、三崎では朝市が開かれており、5時ごろから市場は賑わっておりました。6時30分のラジオ体操の後、6時58分に三崎港を出港し、東京湾口の観測点から東京湾北部の観測点まで10点の観測を行いました。CTDの酸素センサーやアルチメーターの調整を行いながら、採水等を実施しました。日曜日ということもあり、海上は多くのプレジャーボートやヨットなどが多数航海しておりましたが、天候にも恵まれ、迅速に観測が終了しました。
日曜日にもかかわらず、多くの方に綱取りに来ていただき、乗組員一同感謝しております。

帰港後は、機器や資材の積み下ろし、次回調査航海の機器の確認作動試験を行うなど、調整を行いました。
2010年8月29日(日)

8月定期調査航海(臨時)相模湾
8月28日6時30分のラジオ体操の後、7時00分に三崎港を出港し、相模湾の以前設置した係留計の海域にて、東西および南北に観測ラインを計画し、ターボマップ観測を実施しました。
十数回の観測の後、8月28日15時30分、三崎港花暮岸壁に着岸しました。
なお着岸時は多くの釣りの方に、着岸の協力をお願いいたしました。誠にありがとうございます。
本日は、行きつけの銭湯が休みになっており、乗船調査員にはご迷惑をかけました。

2010年8月28日(土)

8月定期調査航海(臨時)
8月27日9時に乗船者について、救命説明及び訓練を実施しました。
9時32分東京海洋大学品川キャンパス繋船場を抜錨出港し、東京湾北部から湾口までの4点においてCTD・ノルパックネット等の海洋観測を実施しました。
天候は、午後から南南西の風が6m/s近く吹きましたが、全般的にはスムースに観測が実施できました。

8月27日16時29分三崎港花暮岸壁に着岸しました。
花暮岸壁でも釣りがさかんに行われていました。夜間、船尾甲板の作業灯に集まった、水面下の小イワシの群れの周りに、大きなスズキが数尾で狙っています。何人かがルアーなどで挑みますが、スズキは見向きもしない様子
釣り人は入れ替わり、昼夜を問わず岸壁をにぎわしておりました。


乗船者、教員1名 浮遊生物学講座・海洋化学講座大学院生など計11名


船内会議として、
10月のドックからの参考見積もりを検討会議
9月からの安全週間への対応
8月26日日曜日入港時の積降ろし
練習船会議規則
を検討しました。

2010年8月27日(金)

航海計器整備
ログ計、点検
過電圧がかかり、基盤への悪影響が心配される。
基盤や振動子の交換が必要か?
2010年8月26日(木)

検査等
無線検査打合せ
CTDセンサー調整
2010年8月25日(水)

海洋環境学実習1 元町から品川へ
昨日、大学院関係の事情によって1名先生が品川へ帰られましたが、東海汽船のジェットホイールにて大島を離れていく光景は、あっという間で壮観でした。
6時30分のラジオ体操は、元町ラジオ体操クラブの人々と行いました。散会した学生はラジオ体操のスタンプカードを頂き、ラジオ体操の歌も参加しました。この5年間で最も多い参加者であったと、またの参加を希望されました。

6時54分に元町港を出港し、ロープワークや船橋ワークなど実習を行いながら順調に航海し、13時54分東京海洋大学品川キャンパス繋船場に着岸しました。
これにて海洋環境学実習気禄了しました。

観測機器などの積み下ろし作業、またお迎えの方々、大変ありがとうございました。
関係者の皆様、お疲れさまでした。



2010年8月24日(火)

海洋環境学実習1、下田から元町
7時25分下田港を抜錨し、元町港に向かいました。
本日は、船内で5人4班にて発表会を行い、CTDデータをもとに相模湾についての海洋構造について発表が行われ、各専門の先生方から評価をしていました。
10時34分には、大島の元町港に錨なしでの出船左舷で着岸しました。
着岸の際には、東海汽船の方々に綱取りをしていただき大変助かりました。誠にありがとうございます。感謝いたします。
また、東京都水産試験場の方(OB)も来船され、貴重な情報をいただきました。重ねてお礼申し上げます。

午後からは、学生に大島見学を兼ねて、入湯上陸といたしました。
2010年8月23日(月)

海洋環境学実習1 熱海から下田へ
7時23分熱海港を出港し、8時30分伊東港沖にて、スミスマッキンタイヤーによる、採泥生物調査実習、相模湾西側の水深1000m以上の海域にて、ORIネットによる底性生物の採集、ニューストンネットによる表層生物の採集を行いました。
14時53分に下田港に入港着岸しました。
隣の貨物船は、8月23日朝4時に出港しましたが、心配された錨鎖のからみはありませんでした。

2010年8月22日(日)

Page/ [1] [2] [3]
copyright (c) 2005Umitaka