研究紹介 RESEARCH

集団・生態系レベルの研究

集団・生態系レベルの研究

魚類頭部に含まれる生体鉱物(耳石)を用い、水産上有用な魚種の生活史、回遊履歴を解明しています。さらに、海洋生物の系群構造や資源量を解明し、増やし・守るための方法を提示しています。地球温暖化・気候変動が生物資源に与える影響についても研究しています。

ゲノム解析

ゲノム解析

海洋生物が有している耐病性・高成長等の有用形質をゲノムレベルで解析・理解し、産業に応用するための研究を行っています。
ゲノム上の目印となるDNAマーカーを用いてゲノム地図を作成し、ゲノム上の宝物である有用遺伝子や海洋生物ゲノムの謎を研究しています。

バイオテクノロジー

バイオテクノロジ

魚の卵や精子のおおもとになる細胞(左上)を別の種類の魚に移植し(右上)、異なる種類の魚の卵や精子を作る技術(魚の借り腹)を確立しました。
この細胞は凍結した状態で、半永久的に保存できますので、絶滅が心配されている魚の保護にも役立つでしょうし、サバのような小さな魚にマグロのような巨大な魚の卵や精子を作らせることも可能になるかもしれません(写真下:サケから生まれたマス)。

安全な養殖魚介類の生産

安全な養殖魚介類の生産

魚の病気について、その原因を調べ、防除・予防法を研究しています。
ウィルスの培養(写真右上)、電子顕微鏡を用いた観察(写真左上、右下)、疫学的調査、PCR検査、モノクロナール抗体を用いた免疫学的手法などを使って研究を進めています。

資源の増殖と生物多様性の保全

資源の増殖と生物多様性の保全

減少が著しい水産資源や絶滅危惧種の資源増殖の代表的な手段として、人工種苗の生産・放流(栽培漁業)があります。放流効果があることに加え、生態系と調和した増殖技術が求められています。
多様な野生生物集団をどのように維持保全して行くか、理論及び遺伝子解析(写真右下)、生態調査の両面から研究しています。

生物学的許容量の決定

生物学的許容量の決定

どれくらいの量なら魚をとってもいいのか?その上限の値を生物学的許容漁獲量といいます。
この量を決めるには魚の成長や産卵を調べ、生物資源の増加率を知る必要があります。
この増加率を越えないように設定します。

環境に優しい漁業

環境に優しい漁業

絶滅の危機に瀕する生き物や利用しない小型の魚を保護することや、海底面を傷めつけないことなど、資源や環境を保全しながら、持続的に海洋生物を漁獲する方法がいま求められています。
このための漁具漁法の開発や改良がさかんに行われています(写真左上下)。写真右はあなご筒に開けた穴から小さな魚を逃しているところ。

宇宙での養殖技術

宇宙での養殖技術

宇宙空間および陸上における食糧の供給を目指した、魚類養殖システムを開発しています。
具体的には魚類(ティラピア;写真右上)の排泄物を利用して、藻類(クロレラなど;写真左下)を培養した後、これを食料としてミジンコを生産し、最後にミジンコをティラピア稚魚の餌として用いる研究を行っています。
さらに、ティラピアとクロレラを完全に密閉した飼育・培養装置で飼育し、ガス交換による生命維持の研究や、無重力下での魚の行動研究(写真右下)も行っています。

ページの先頭に戻る