展示解説:セミクジラ全身骨格
_________ Entire Skeleton of Northern Pacific Right Whale

 

本骨格は、国際捕鯨取締条約第8条に基づいて行われた日本政府による科学研究目的の特別調査(1956年〜1968年に実施)の下で採捕されたセミクジラの全身骨格です*)。同調査で捕獲された計13頭のうちの最大個体で、体長は17.1m、体重は67.2トンに及び、完全な骨格標本としては世界最大級です。  
_19618月にアラスカ半島コディアック島南方60海里沖で発見された大型の雄で、頭骨の全長は 5.1m(体長の30%)に達し、上顎(じょうがく)は細長く大きく上方に湾曲して本種の特徴がよく現れています。脊椎骨(せきついこつ)は、頸椎(けいつい)7、胸椎(きょうつい)14、腰椎(ようつい)10、尾椎(びつい)25の計56個ですが、頸椎は全て癒合(ゆごう)して一体化しています。本種の胸鰭(むなびれ)部分は上腕部(じょうわんぶ)がかなり短いことが特徴で、指は5列あります。肋骨(ろっこつ)の基部は基本的に双頭状で胸椎と独特の関節様式をとっています。尾椎の腹側には計18対のV字骨が付属していて強靱な尾部を支え、腰椎後部の腹側中空には痕跡的な骨盤骨(こつばんこつ)と退縮した大腿骨(だいたいこつ)があり、遠い祖先が陸上で歩行していた頃の名残りをとどめています。  

種名 Species name:     
__和名 Japanese name;セミクジラ 英名 English nameNorth Pacific right whale
__学名 Scientific name: Eubalaena japonica
性別
Sex:雄 Male   体長 Body length17.1m  体重 Body weight67.2 ton.
標本番号
Specimen ID No.61A
採集日時
Date and time at caught19618229359:35am, August 22nd 1961
採集位置
Position caught:北緯5554分 西経1530455°54N - 153°04W
捕獲船
Caught by:極洋丸船団所属捕鯨船第17利丸 Toshi-maru #17 of the Kyokuyo-maru fleet
2005年補修時監修:加藤秀弘(東京海洋大学海洋科学部教授)、大隅清治(財団法人日本鯨類研究所顧問)

_本骨格は、調査を実施した旧鯨類(げいるい)研究所(現・財団法人日本鯨類研究所)から、1965年に本学の前身である東京水産大学に寄贈され、1971年からは同年に開館した水産資料館横に展示されていました。2003年に東京水産大学は東京商船大学と統合して東京海洋大学となり、翌2004年には国立大学法人へ移行するなど本学も大きな変革期を迎え、これを機に学術的に極めて貴重なこの標本をより広範に公開するため、本骨格の修復・保存処理と展示建物の改修を行い「鯨ギャラリー」として整備しました。

[ 加藤秀弘 ]

*)学術的には以下に報告されている:Omura H., Ohsumi S., Nemoto T., Nasu K. and Kasuya T. 1969. Black right whale in the North Pacific. Scientific Report of Whales Research Institute 21:1-78.


口絵:鯨ギャラリー内 セミクジラ全身骨格 水産資料館 蔵
挿絵(
top):捕獲時のセミクジラ展示個体。19618月、コディアック島南岸沖。捕鯨船・極洋丸甲板上(日鯨研蔵、大隅清治博士撮影)Copyright reserved by The Institute of Cetacean Research and Seiji OHSUMI
挿絵(
bottom):セミクジラ骨格の各部名称

(C) Museum of Fishery Sciences 2006. All rights reserved.