海洋における諸現象を測定・解析・理解・予測する総合的な海洋学と海洋環境の保全・修復に関する科学技術を教育研究します。以下の四つの講座から構成されています。
Last updated:
2015/4/1
海洋環境学科について
カリキュラム
卒業後の進路
学部入試情報(海洋環境学科関連)
海洋生物学講座
水圏環境化学講座
環境システム科学講座
環境テクノロジー学講座
環境テクノロジー学講座
2014年海洋学実習T
TOPへ戻る
東京海洋大学HPに戻る
 
海洋環境学科 Department of Ocean Sciences
 
海洋における諸現象を測定・解析・理解・予測する総合的な海洋学と海洋環境の保全・修復に関する科学技術を教育研究します。以下の四つの講座から構成されています。
 
海洋科学部 海洋環境学科で行っている教育・研究は、
2017年4月海洋資源環境学部(仮称)の一部として新しくスタートする予定です。
(設置計画構想中)



海洋生物学講座(Marine Biology)
海洋環境学の基礎となる水圏生物の形態や 分類、生活史、生態などの教育と研究を行います。また、個々の生物だけではなく、生態系を構成する生物を"群集"という視点からとらえた教育研究も行いま す。実際の生物に触れる機会が多くあるとともに、統計学や数学も駆使します。また、調査水域は、近くの湖沼から東京湾を中心とした日本各地の沿岸、さらに は南北太平洋や南極にまで広がっています。


水圏環境化学講座(Marine Environmental Chemistry)
海洋など水圏環境の現状と変化を、主に化 学的な手法を用いて解析します。水圏環境や生態系に存在する元素や化合物の循環、分布、存在形態、移送、代謝、生理活性、利用などについて調べます。ま た,微生物や酵素等を利用した汚染物質の分解とそのモニタリング、環境負荷を軽減する方法の開発などの研究も行っています。これらを通じて地球規模の物質 循環の解析や、化学物質と生物活動の相互関係の解明と活用、海洋の有効利用や環境保全への応用などをめざした教育、研究を行っています。


環境システム科学講座(Physics and Environmental Modeling)
地球規模からミクロな規模までの様々な時 空間スケールで発生する海洋物理現象を正しく把握し、海洋循環モデルや生態系モデル作成に必要な物理・生物環境変動機構の解明のための教育と研究を行いま す。また、先端技術を応用した海洋計測システム技術と、そこから得られる多様な情報の処理手法など、海洋環境動態の解明と予測に不可欠な事項に関する教育 と研究を行います。


環境テクノロジー学講座(Ocean Environmental Technology)
海洋とその資源を、環境を保全しつつ持続 的に有効利用するための、先端的科学技術について教育研究を行います。特に、海洋生態系の保全・利用、海洋における生産活動の安全性・生産性の向上のため の工学技術に焦点を当てます。具体的には、沿岸域生態系の保全と利用、海洋生物の資源量・生態・環境の計測、環境保全型海洋機械システムの創生、生産性・ 経済性向上を目的とした情報技術の開発、人間の海上労働や船の安全性に関わる諸問題の解明、などの教育研究を行います。


■学生定員数は100名です 。

■一般選抜(前期、後期併せて85名、推薦 8名)となっています。私費外国人留学生は定員とは別に募集します。学生募集要項は平成24年7月上旬に配布予定です。

■ 詳しくは海洋大学ホームページ入学案内を参照してください。

この ページに関するお問い合わせ等は下記のアドレスまでお願いします。
jiroy (at) kaiyodai.ac.jp